So-net無料ブログ作成
検索選択

立春からが私の新年。みんなの歌、お雛様・・・。

ひとり豆まきをすませたら、いよいよ立春。苦手な1月が終わり、毎年ここから私の1年のスタートです。
2月.3月、NHKみんなの歌で私が作曲した「ドンキ・ホーテ」が再放送されることになりました。この曲、何と35年前の作品なのです。1980年12月に録音され、1981年1月15日に打ち上げに参加、その翌日16日に息子が誕生したのですから忘れられない作品です。ですから、当時2月、3月は、みんなの歌で流れる自分の作曲した曲を聞きながら新米の母親である私は、子育てをしていたわけです。その息子も35歳。昨年11月末に子ども(男の子)が誕生しました。そして、今年の2月、3月にこの楽曲が再放送されるのですから、何と言う偶然!!不思議ですが、有り難く、なんともめでたい話です。
作詞は仲倉重郎さん、歌は佐々木功さん。みなさんとの楽しい楽曲作りが思い出されます。
放送は、Eテレ:月・水曜日の12:55~13:00、総合テレビ:木曜日の10:55~11:00
どうぞお聞き下さいませ。

2月10日には、昨年のクリスマスイブに入院した母親がおかげ様で退院いたしました。
岩手県大槌町に出かけた以外はほとんど毎日病院通いでしたので、病院から解放され、母も私も暫くは頭がボーッとした状態でとんちんかんでした。今も母親のところに泊まっていますが、2人とも大分しっかりしてきましたので、ああでもないこうでもないと、意見の相違でぶつかることも多々に。いくら退院して少し元気になってきたとはいえ、今まで通りにはいかないと解っているのに、優しくなれず、むかっとくるのは今まで通り。我が母娘のいつもの日常が戻ってきたということでしょうか?

そして、今年もお雛様を飾りました。私のお雛様ですから、結構なお歳のお雛様。でもみなさん老けない内裏様、三人官女、五人囃子・・・・。お雛様を見る度に、桃の節句とともにその時々の自分が思い出されます。お雛様の華やいだ明るさ、そして春が近づいた陽ざしの変化を感じながらの桃の節句。いつも気分はウキウキ、でした。
それにしても「うれしいひなまつり」(作詞:サトウハチロー、作曲:河村光陽)、は名曲ですね。♪あかりをつけましょぼんぼりに♪、今年も、歌いま~す!!

やっぱり、立春からが私の新年。少しづつ動き始めました。いい感じです。春がもうすぐそこに。

IMG_4592.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。