So-net無料ブログ作成

マキシシングル「詩(うた)い・つなぐ」制作

先週、マキシシングル「詩(うた)い・つなぐ」の録音が終わりました。
私は、以前からずっと、「わたしが一番きれいだったとき」(詩:茨木のり子、作曲:吉岡しげ美)「君死にたまふことなかれ」(詩:与謝野晶子、作曲:吉岡しげ美))、この2曲をカップリングしたCDを制作したいと思っていました。38年近く歌い続けてきた詩です。女性の眼差し、体験から生まれた生命への想い、戦争への怒りは、私の想いと重なり日本国内はもとより海外でも歌い続けてきました。
昨年のはじめ頃から、来年は戦後70年でもあるし、2曲をカップリングしたCDの制作をしたいと思っている、と音楽関係者に話していましたが、「戦後70年だからといって、それでCD出すなんて、意味ないでしょう」という返事。そうかもしれないな、単なる自己満足か・・・・、何となく一歩踏み出せない状態にありました。
そして今年、戦後70年のその年になり、七夕コンサートはテーマを「戦後70年」にすることにし、7月6日のコンサートに向けてどんどん準備が進められていきました。
何かが足りない。やっぱりCDだ。自己満足だって良いじゃないか、やるっきゃない!!自分で作ろう!!そう決心したのが4月の終わり頃でした。今回は詩を伝えたいので、ピアノだけの伴奏にしよう。でも自分の弾き語りだと狭くて小さな世界にかたまってしまいそうなので、ピアニストは熱田公紀さんに頼もう。
熱田さんが参加してくれることになり、スタジオは以前録音したことのあるパストラルサウンド、ミキサーは園田圭吾さん。ディレクタ―をたてず、私がディレクションまですることに。これで音源作成はOK!!あとは、ジャケット、盤面製作、流通のこと等など・・。すべてを一括して引き受けてくれる会社をパストラルサウンドから紹介を受け、どうにか7月6日のコンサートの日に発売することができるようになりました。
あり得ないくらい限られた時間の中でここまで来ることが出来ました。凄いことです!!
みなさんの力の結集あればこそ・・・・。感謝のみです。
ボーナストラックは、映画『百合子、ダスヴィダ―ニャ』のエンディングテーマで、CDになっていませんか?と、聞かれることの多かったインスト曲の「さよなら、私の愛」(作曲:吉岡しげ美)です。
あとはジャケットのデザインを待つのみ。綱渡りのような状態ですが、きっと一気に仕上げたパワーが感じられるCDになるだろうと思っています。
大変でしたが、やっぱり、CD制作をスタートさせて良かった!です。何と言っても、気持ちはスッキリです。

P1060707.JPG
P1060681.JPG
P1060718.JPG
左からミキサーの園田さん、私、ピアノの熱田さん


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。