So-net無料ブログ作成
検索選択

パリコンサートとツアーのお知らせ

今日は雨。満開の桜が散り始めました。あ、あ、淋しい・・・。昨年の大震災後、それでも咲いていた桜を思い出し、あの時のことが甦ってきます。でも、まだまだ何も進んでいないことが悲しい・・・・。今年は開花が遅かったけれど、今年も、桜に会えたので感無量です。

いよいよ、パリでのコンサートまであと1カ月半。どんどん日にちだけが経っていくので、相変わらず大慌てです。
日本を代表する歌人・与謝野晶子がひとりシベリア鉄道に乗って、夫・鉄幹のいるパリに行ってから5月で100年。5月29日は70回目の命日でもあります。
震災以降、一歩前へ歩きださなければならない私たちの状況だからこそ、晶子のパワー、元気、勇気がとても素敵に感じます。
パリでの過去2回は、国際交流基金の事業によるコンサートでしたが、今回は、何とパリでの手打ち公演です。殴り込みに近いですね(笑) 
私のコンサート鑑賞、与謝野晶子の詩や短歌に書かれている場所をたどる等、特典が含まれている記念ツアーも企画されています。是非ご一緒しませんか?
ご興味のある方は資料請求をどうぞ!!happybox@oasis.ocn.ne.jp

img096.jpg

img097.jpg

img095.jpg


~情熱の2012年5 月 in Paris ~ 記念すべき時に… ~
                          吉岡しげ美

日本を代表する愛と情熱の歌人与謝野晶子。晶子は、1912 年5 月、「巴里の君へ逢いに行く」と、ひとりシベリア経由で夫・鉄幹のいるパリへ旅立ちました。それから100 年。30数年に渡って与謝野晶子の詩や短歌を歌い続けてきた私にとって、この記念すべき100 年に遭遇したことは、感動と喜びの何ものでもありません。100 年前に於けるその勇気、元気、無限なる前向きな想いは、いま、私たちに大きな希望を与えてくれる晶子さんからの贈り物ではないか、と、思われます。過去2回パリでコンサートを行いましたが、今回、晶子さんを礼讃すべく、5 月、パリでのコンサートを企画いたしました。薫風の中、旅立つ晶子、旅する晶子、パリと晶子…を、思いきり歌います。

「旅に立つ」詩:与謝野晶子

  いざ、天の日は我がために
  金の車をきしらせよ。
  嵐の羽は東より
  いざ、こころよく我を追へ。

  黄泉(よみ)の底まで、泣きながら、
  頼む男を尋ねたる
  その昔にもえや劣る。
  女の恋のせつなさよ。

  晶子や物に狂ふらん
  燃ゆる我が火を抱きながら、
  天がけりゆく、西へ行く
  巴里(パリ)の君へ逢い(あい)に行く

三千里わが恋人のかたはらに柳の絮(わた)の散る日に来る<晶子>

ああ皐月 仏蘭西の野は 火の色す 君も雛罌粟(コクリコ) われも雛罌粟 <晶子>

巴里なるオペラの前の大海にわれもただよふ夏の夕ぐれ<晶子>

100年前の5月、与謝野晶子はひとりパリに向かいました。

与謝野晶子(1878~1942)
1878年、大阪堺に生まれる。日本を代表する女性歌人。10代半ばから短歌を作り始め、1900年(22歳)、与謝野鉄幹が創刊した『明星』に歌を発表。直後に鉄幹と恋に落ち、家出同然で上京。鳳晶子の名で第一歌集『みだれ髪』を刊行。その2ヵ月後に妻と別れた鉄幹と結婚。時に晶子23歳、鉄幹28歳。それからは11人の子どもを育てながら、情熱の歌人として5万首の短歌を詠み、「君死にたまふことなかれ」を初めとする詩、小説、童話、評論、源氏物語の口語訳などで活躍。文化学院の設立メンバーでもある。
1912年5月、欧州に留学中の鉄幹を追い、シベリア鉄道で単身パリに向かう。晶子34歳。5月5日に日本を発ち、19日、パリ北駅に着。パリを中心に欧州各国を訪ね10月に帰国。今年5月29日は、晶子の70回目の白桜忌(命日)でもある。

100年後の5月、吉岡しげ美はパリで晶子を歌います。

吉岡 しげ美 (ピアノの弾き語り・作曲家)
武蔵野音楽大学・日本女子大学・同大学院修了。1977年より与謝野晶子、茨木のり子、新川和江、金子みすゞなど日本の女性詩人の詩に作曲し、ピアノの弾き語りを続けている。近年では「万葉集」「枕草子」「百人一首」にも曲をつけて歌う。今年は、活動35周年。国内はもとより、アメリカ各地、中国、韓国、フィリピン、モンゴル、フランス、ドイツ、ポーランドほか、海外でもコンサート活動を行う。出会った詩人30人以上、500曲以上の作曲作品がある。放送、映画、演劇、ミュージカルの音楽担当多数。CD、著書多数。西武文理大学教授も務める。2012年5月は、与謝野晶子がひとりシベリア経由でパリに行ってから100年。その勇気を讃え、5月にパリ“STUDIO RASPAIL劇場”で記念コンサートを開催。パリでの3回目の公演となる。

パリ・コンサート会場のご紹介

《劇 場》 STUDIO RASPAIL
《住 所》 216, bd Raspail 75014 《ホームページ》 http://studio-raspail.fr
★コンサート友情出演(パリ在住)
Hiroko ITO (アコ―ディオン) Sylvain DIONY (ギター) Angeline LAUNAY (フランス語朗読)
★お問い合わせ:<日本>・HappyBox吉岡しげ美オフイスTel:03-5276-9388 (9:00~18:00) 
             Email:happybox@oasis.ocn.ne.jp
    <フランス>・ASSOCIATION TAMAGO Tel:06 63 35 80 97(9:00~18:00) 

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

S.W

応援しています♪
by S.W (2012-04-29 04:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。