So-net無料ブログ作成

やっぱり飛行機はこわい!桜はうつくしい!

4月1日に韓国から帰ってきた。出演者の歌の録音、ゲネプロ、初日本番をみて、朝、8時45分の飛行機で帰国。日本は、すごく暖かく、自宅に帰ったら早速お花見でも、と思っていたが、その日は超早朝出発だったので、寝ていないし、連日ずごく慌しくヘロヘロだったせいか、自宅についても食事ものどに通らない状態で、ただ横になっているしかなかった。
昨年末から今日までのことを考えると、風邪などはひいたが、よく体と心がもった!と我ながら驚きだ。しばらくは、練馬にへばりついてゆっくりしたいものだ。
しかし、韓国へ行くときの飛行機!ほんとうにヤバカッタ。飛行機嫌いなのに、なぜかひとりで乗らなければならなくて・・・・。でも、となりに座っていた女の人は、日本に留学しているということで、日本語バリバリ。いろんな話しをして、すっかりなごやかに打ち解け、食事もして、な~んだ、金浦なんてひとりでも全く平気!とすっかり自信いっぱいなっていた矢先、飛行機が揺れ始めた。だんだん半端な揺れではなくなり、がく~んと地の底まで下降した感じになったかとおもったら、ぐわ~っと浮上したり、そのたびに客席は「きゃ~」。私の、ひざの上にあったカバンも飛んだ。そのうちカミナリも!とにかく金浦空港に降りようとしているが気流が悪いのだ。窓の外は雲だらけで何も見えない。何回も降りようとするのだが、降りることができない。とにかく揺れて、揺れて、揺れて、今にも落下しそう。となりの彼女と私は、手を握り合い恐怖におののいているばかりだった。金浦上空で1時間30分、飛行機は、カミナリもお供に連れ、ふわ~、ひゅ~、ガタガタ、ずと~ん、ぐらぐら、ぎし~の状態だったのだ。航空機事故に遭遇するってこういうことなのか、とすっかり最悪の気分になっていた。そういえば、今回の韓国行き、何か気がのらなかったし・・・・とも。4回目の挑戦がダメならインチョン空港へ行きます(最初から行って欲しかった)ということだった。そして、4回目の挑戦で、やっと金浦に降りることができたのだ!滑走路に機体が降りたとたん、客席から大きな拍手!拍手!
ちょっと若めの客室乗務員さんも、金浦でこんな経験初めてです。日本人の男の人は、名刺に遺言を書こうと思いました。別の人は、また日本へ帰らなければならないとおもうと、今から憂鬱、と。私も、帰らなければならない身の上。もう、飛行機はやだ!釜山から、船で九州までかなと、真剣に考えていた。歩き始めたとき、足がガクガクしていたのはいうまでも無い。

                           *
桜はやっぱりうつくしい。あそこの桜はどうかしら?あそこのは?と、また、来年まで会えなくなってしまうから、と切羽詰った気持ちになり毎年、いろいろな場所に確かめにいってしまう。今年も、疲れているのに、車でいろいろなところの桜に会いに行った。
今日は、ホルダー心電図をつけに順天堂に行った後、小石川後楽園を歩いた。庭園の桜もうつくしい。飯田橋から総武線に乗り市谷までの桜をながめ、中野からバスにのり哲学堂周辺の桜を車内から見た。実は、散り行く桜を見るのは、好きじゃない。あの花吹雪は絵にはなるのだろうけれど、私にとってはさびしすぎるのだ。満開の桜をながめるほっこりした気分にはなれない。散る花びらを全部抱きしめたい気分になる。花びらがみんな私に向かって散ってきたら、思い切り抱きしめるものの。桜が散り始めている。きっと明日くらいから、桜をあえて見ようとはしなくなるかも・・・・。
さーて、4月はできるだけゆっくりとした時間をもつぞ~。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。